資金繰り表の作り方


資金繰り表とは?

資金繰り表とは、毎日・毎週・毎月の現金収入と支出の流れを比べて、そのタイミングを把握するための表であり、資金繰りをうまく回すために不可欠なものです。

また資金調達の必要性を銀行にアピールするための重要な資料にもなります。この資金繰り表の中で最も重要な部分は、「月末の現金残高(次月繰越)がいくらであるか」です。マイナスであれば、その月の最後には資金不足に陥るということですから、事前に対策を打たなければなりません。

無料特別レポート「資金繰りに厳しい533社のうち528社に会社再生の道筋をどのようにつけたのか」

このページの上まで戻る

資金繰り表の作り方

資金繰り表には「実績資金繰り表」と「予定資金繰り表」の2つがあります。“実績”の方は今までの資金繰り実績を表すもので、現金がどのように出ていって、どのように資金調達して、返済負担はどの程度だったかなどがひと目でわかるようになっています。

一方の“予定”の方は、経営計画(損益計算書の予定)を基に、データがないところから作成することになります。これら2つは基本的に1つの資料としてまとめられ、特別決まった型というものはありません。

将来、あなたの会社に何が起こるかわかりません。

経営危機に陥っている場合はもちろん、そうでない場合も「資金繰り表」で会社のお金の動きを把握する必要があります。

無料特別レポート「資金繰りに厳しい533社のうち528社に会社再生の道筋をどのようにつけたのか」

このページの上まで戻る

誰でもわかる「資金繰り表」作成方法!

  1. 「実績資金繰り表」作成にあたって
    • 1か月分の仕訳データを用意する
    • 貸方もしくは借方勘定が、現金勘定もしくは預金勘定(普通預金勘定・当座預金勘定など。固定預金は除いて考える)を抽出する
    • その相手方の勘定を集計する(貸方・借方の別に注意すること)
  2. 「予定資金繰り表」作成にあたって
    • 月次経営計画を策定する(年次経営計画を月次に分解したもの)

毎月の損益計画書の予定を入れてゆくことで資金繰り表は完成します。売上発生月と代金回収月が異なるかどうかに注意を払いながら作成しましょう。

売上代金の回収パターンは3種類

売上発生後すぐに回収
小売業など現金商売を行う企業で多く見られる
売上が発生して売掛金となり、取り決められた日時に現金で回収
企業間取引などで多く見られる
売上が発生して売掛金となり、取り決められた日時に手形で支払われ手形決済日に現金として回収
業界の慣習によるが、建設業界などに代表されるパターン

このように売上代金の回収もいろいろであり、売上増加がすぐにキャッシュフローの改善とはならないケースも多いものです。すぐに現金として回収できれば資金繰りが良くなりますが、売掛が長いケースでは当然現金回収が遅れます。

「売上発生」と「現金回収」の時期のズレが企業にどう影響を与えるか──。
これを明確にするのが「資金繰り表」である

無料特別レポート「資金繰りに厳しい533社のうち528社に会社再生の道筋をどのようにつけたのか」


資金繰り・資金調達相談受付中です。

代表取締役 川北 英貴

  • 株式会社フィナンシャル・インスティチュート 代表取締役 川北 英貴

資金繰り表の作り方のまとめ

  1. 実績資金繰り表を作成する!
  2. 実績を基に今期の予想を立てる。ざっくりと記入する!
  3. 資金繰り表の作成にあたって用意するものは意外と少ない!気負わずシンプルなものを!

株式会社フィナンシャル・インスティチュート

「資金繰り・資金調達」ホットライン【9時30分から18時30分まで 平日(祝日除く)】 0120-316-071

はじめに「資金繰り.com」を見たとお伝えください。

(東京オフィス)
〒105-0021 東京都港区東新橋2-11-7 住友東新橋ビル5号館4階
TEL:03-5425-4600
FAX:03-5425-0078
(大阪オフィス)
〒541-0041 大阪市中央区北浜3-5-22 オリックス淀屋橋ビル6階
TEL:06-6231-5081
FAX:06-6231-5085
(名古屋オフィス)
〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-6-41 AMビル9階
TEL:052-955-5225
FAX:052-955-5226

このページの上まで戻る