リスケジュールの交渉ノウハウ


リスケジュールのメリット・デメリット

リスケジュールの成功は「ゴール」ではなく「スタート」である

資金繰りが厳しい場合、企業は銀行から融資を受けます。しかし、その借入返済が困難になってしまったら・・・・・・?

その場合の最善策は「リスケジュール」です。リスケジュールとは、毎月の返済金額を銀行に減額してもらうことです。キャッシュフローと返済金額のバランスを取ることが資金繰りをうまく回すポイントになります。

多くの企業はリスケジュールによって救われます。

銀行から融資を受けられる場合は資金調達でしのぎます。借入返済は通常キャッシュフローで賄いますが、90%以上の企業はこれができません。つまり自然と現金預金が減ってゆくことになります。

そこで、減った分をまた資金調達でカバーします(このような資金使途での融資を「ハネ資金」と言います)。「ハネ資金」を融資してもらえる企業はそれでも構いませんが、業績が悪い企業(決算書の内容が悪い企業)は銀行の融資審査が通らず、資金調達ができない・・・。

※融資を受けるための粉飾決算はしてはならない

どこからも融資を受けられず、現金預金は減ってゆくばかり。経営者は精神的にも追い込まれて、コンサルタントのところに駆け込むことになります。そこで私も含めたコンサルタントが提案するのが「リスケジュール」という方法です。

リスケジュールのメリット

  • 資金繰りが楽になる
  • すぐに、しかも簡単に行える

利益を伸ばすことでキャッシュフローを改善するのには時間が掛かります。一方、リスケジュールならすぐに資金繰りが回復します。

リスケジュールのデメリット

  • リスケジュールの期間中はその銀行から融資を受けられない

そもそも融資を受けられないからリスケジュールするわけです。期間中に融資を受けられなくなる心配をしても仕方ありません。

無料特別レポート「資金繰りに厳しい533社のうち528社に会社再生の道筋をどのようにつけたのか」

このページの上まで戻る

リスケジュール交渉にあたっての考え方

融資する銀行からどう見えるかを意識すること。
銀行はどれだけ多くの資金を回収できるか、それを最優先に考えます。

  1. 「返済が厳しいので、一旦ストップしてもらえませんか?」
  2. 「返済が厳しいので、期間中にの方法で利益体質を作り、将来返済できるように頑張ります」

どちらが銀行に好印象を与えるのかは一目瞭然です。

「リスケジュールに応じて今は見守ろう」こう思わせなければなりません。また当然ながら口約束だけでお金を貸してくれはしません。

銀行がリスケジュールの申し出を応諾するかどうかは本部の稟議が通るかどうか。稟議書を書きやすいように、そしてそれが通りやすくなるように以下の書類を用意しましょう。これらの書類を用意できるかどうかでリスケジュールの成功確立に雲泥の差がでます。

  • 返済条件変更申込書
  • 経営改善計画書
  • 資金繰り表

リスケジュールの基本姿勢は、
「経営改善・事業再生・会社再建」を実現し、将来通常返済を再開するということ。

リスケジュール交渉のやり方

最初は断られるが、そこからが勝負

リスケジュールは、稟議で検討されます。銀行の担当者が二つ返事で「はい、わかりました」と言うことは絶対にありえません。場合によっては応諾まで数か月掛かることもあるので、諦めないことが大切です。

返済日前に返済口座をゼロにする

銀行にとって融資案件の獲得は、利益に直接結び付く「前向きな仕事」です。ではリスケジュールはどうでしょうか?返済が一時的でもストップするわけですから「後向きな仕事」だと言えそうです。そのため、リスケジュールの稟議書作成はついつい後回しにされがち。これを回避する方法はあります。

その方法とは、返済口座をカラにしておくことです。返済日の数日前までにすべての預金を引出しておき、銀行が引落しできない状態にするのです。延滞となれば、リスケジュールの交渉をいつまでも引き延ばすわけにはゆきません。

返済日の2~3日前に経営者自身が必ず出向く

前述の延滞する方法ですが、黙って延滞を迎えないよう注意してください。悪い印象を与えてはいけません。返済日の2~3日前に経営者自らが銀行に出向いて、「次の返済が厳しいこと」「経営改善の策を練っていること」「数週間後に再訪問すること」などを伝えておくことが大切です。

無料特別レポート「資金繰りに厳しい533社のうち528社に会社再生の道筋をどのようにつけたのか」


資金繰り・資金調達相談受付中です。

代表取締役 川北 英貴

  • 株式会社フィナンシャル・インスティチュート 代表取締役 川北 英貴

資金繰りに悩む中小企業の経営者様へ

  • 資金繰りに悩んでいる
  • 資金調達ができなくて困っている
  • 銀行への返済に毎月苦しんでいる
  • 会社をなんとか再生させたいと思っている

上記に該当する方のために、「資金繰り・資金調達・事業再生ホットライン」をご用意しております。

「資金繰り・資金調達」ホットライン
TEL:0120-316-071
【9時30分から18時30分まで 平日(祝日除く)】

※はじめに「資金繰り.com」を見たとお伝えください。

多くの場合は面談により、企業の実態を把握した上でどのようにしたら良いか判断しないとなりませんので、面談をおすすめしています。まずは御社の状況をお聞かせください。なお、面談相談は東京・大阪・名古屋にて行います。

お受けできないご相談内容

  • 粉飾決算の作り方
  • 自己破産の方法(破産はおすすめしておりません)

※今まで約533社のご相談を受けましたが、破産やむなしのケースは5社だけでした。他は全て解決策を提案しました。

株式会社フィナンシャル・インスティチュート

「資金繰り・資金調達」ホットライン【9時30分から18時30分まで 平日(祝日除く)】 0120-316-071

はじめに「資金繰り.com」を見たとお伝えください。

(東京オフィス)
〒105-0022 東京都港区海岸1-9-11 マリンクス・タワー2階
TEL:03-5425-4600
FAX:03-5425-0078
(大阪オフィス)
〒541-0041 大阪市中央区北浜3-5-22 オリックス淀屋橋ビル6階
TEL:06-6231-5081
FAX:06-6231-5085
(名古屋オフィス)
〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-6-41 AMビル9階
TEL:052-955-5225
FAX:052-955-5226

このページの上まで戻る