手形ジャンプ~緊急時の非常手段~


手形ジャンプとは

「不渡り」はなんとしても回避しなければならない

倒産する企業の多くは手形を切っているという特徴があります。手形には「不渡り」という制度があり、不渡りが出されると企業の信頼はガタ落ちし、取引先は一斉にその企業から手を引くでしょう。そして十中八九倒産することになります。

不渡りは、6か月に2回起こさなければ銀行取引停止処分になりませんが、1回目の不渡りが出る、ほとんどの場合2回も出されるのが通例です。

手形は必ず決済しなければなりません

緊急時は手形ジャンプしかない

では、手形決済日が近付いているのにも関わらず、資金を確保できないという場合はどうしたら良いのでしょうか。

手形の振出先に手形ジャンプをお願いするしかありません。手形ジャンプとは、手形決済日を延期することです。ジャンプの方法は2つ。1つは新しい手形の差入れ、もう1つは手形自体の決済日の訂正です。

無料特別レポート「資金繰りに厳しい533社のうち528社に会社再生の道筋をどのようにつけたのか」

このページの上まで戻る

手形ジャンプの交渉術

振出先は手形ジャンプを断りにくい

振出先が手形ジャンプを断った場合、その手形は不渡りとなります。つまり、振出先は手形金を受け取ることができなくなるのです。倒産寸前だと判断して、渋々ジャンプに応じてくれるはずです。

なお、新しい手形にも個人保証が要求され、関係者が裏書きをさせられます。さらに抵当権や質権、譲渡担保権などの物的担保を求められる場合もありますので慎重に検討しましょう。

手形ジャンプの交渉のコツは新しい手形の決済日を明確に提示することです。分割でも構いませんので、明確に決定することが大切です。適当に決めると余計に資金繰りが厳しくなり、自ら首を絞めることになりかねません。

予定資金繰り表などを活用して無理のない返済計画を立てましょう。

ワンポイント・アドバイス

手形ジャンプの依頼は決済日ギリギリにしない

  • 振出先が銀行で手形割引にだしていた
  • 裏書譲渡により他所に手形を回していた

このような状況であれば、手形ジャンプが応諾されることはまずありません。時間的余裕を持って依頼することで否決されるリスクを回避しましょう。またジャンプのことはくれぐれも内密にしてもらうことも忘れてはなりません。

無料特別レポート「資金繰りに厳しい533社のうち528社に会社再生の道筋をどのようにつけたのか」


資金繰り・資金調達相談受付中です。

代表取締役 川北 英貴

  • 株式会社フィナンシャル・インスティチュート 代表取締役 川北 英貴

資金繰りに悩む中小企業の経営者様へ

  • 資金繰りに悩んでいる
  • 資金調達ができなくて困っている
  • 銀行への返済に毎月苦しんでいる
  • 会社をなんとか再生させたいと思っている

上記に該当する方のために、「資金繰り・資金調達・事業再生ホットライン」をご用意しております。

「資金繰り・資金調達」ホットライン
TEL:0120-316-071
【9時30分から18時30分まで 平日(祝日除く)】

※はじめに「資金繰り.com」を見たとお伝えください。

多くの場合は面談により、企業の実態を把握した上でどのようにしたら良いか判断しないとなりませんので、面談をおすすめしています。まずは御社の状況をお聞かせください。なお、面談相談は東京・大阪・名古屋にて行います。

お受けできないご相談内容

  • 粉飾決算の作り方
  • 自己破産の方法(破産はおすすめしておりません)

※今まで約533社のご相談を受けましたが、破産やむなしのケースは5社だけでした。他は全て解決策を提案しました。

株式会社フィナンシャル・インスティチュート

「資金繰り・資金調達」ホットライン【9時30分から18時30分まで 平日(祝日除く)】 0120-316-071

はじめに「資金繰り.com」を見たとお伝えください。

(東京オフィス)
〒105-0022 東京都港区海岸1-9-11 マリンクス・タワー2階
TEL:03-5425-4600
FAX:03-5425-0078
(大阪オフィス)
〒541-0041 大阪市中央区北浜3-5-22 オリックス淀屋橋ビル6階
TEL:06-6231-5081
FAX:06-6231-5085
(名古屋オフィス)
〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-6-41 AMビル9階
TEL:052-955-5225
FAX:052-955-5226

このページの上まで戻る